HOME > 脊柱管狭窄症 > 脊柱管狭窄症の症例(1)
  • 鍼灸院和来
メールボタン
お問い合わせボタン

脊柱管狭窄症の症例(1)

来院者

男性 80代 河内長野市在住

初来院

2013年5月

初来院までの身体の状態と経緯

20年前から腰痛がある。外を歩く元気がないし、実際50メートルも歩けない。夜、ふとんに足を入れると足が熱くなりすぎて夜眠れない。整形外科に通う。

他にも1ヶ月前からめまい・ふらつきがあり、両足が痙攣(けいれん)してふるえる。両足首にしびれがある。そのため末梢性神経障害の薬、メチコバールを服用。

自律神経失調症かも、と言われていて、抗うつ剤のルボックスを服用。

便秘もあり、胃粘膜を保護する為の薬をもらうために胃腸科にも通う。

整形外科に通っていても全然良くならないため、娘さんが当院をインターネットで検索し、来院。

他の身体の不調

めまい・けいれん・ふらつき・自律神経失調症・便秘

既往歴

胆石

施術の内容と経過

少し体勢を変えてもらうのも大変な状態で、当院に来るまでが一苦労。初回はうつ伏せになれず。

めまい・ふらつきがある、ということは首肩こりもかなりある状態。

最初の5回は腰痛とふくらはぎのしびれ・こむら返りが主訴となる。

6回目の施術前にMRIで検査し、第4腰椎が狭くなっている、脊柱管狭窄症だと診断される。家の周りを1周するのがやっとの状態。

9回目から左の腰痛が緩和され右メインになる。

16回目で歩く距離が伸びてきて、1キロ以上先の図書館まで歩けるようになる。1キロ先まで歩けるようになった、ということは脊柱管狭窄症は相当改善されたと判断。

20回目でめまいも消失。23回目の施術で終了。

施術方法

刺す鍼(置き鍼)・刺さない鍼・肩甲骨はがし

考察

めまいも脊柱管狭窄症も東洋医学の観点からすると「腎」なので、腎に対するアプローチは徹底した。これが奏功した。

寡黙な人だが、こちらのアドバイスをしっかり聞いていただいていた様子。

最初の10回は本当に短い距離も歩けなかったので、16回目で1キロ以上歩いた、と聞いた時は衝撃だった。

どうしても歩けなくなってくると外出するのも億劫になるが、少しずつでも歩く訓練をされていると、突然歩けるようになる時が来る方も多い。

症状についてくわしくはこちら

脊柱管狭窄症 すべり症 

アクセス情報


住所 〒586-0009 大阪府河内長野市木戸西町2-1-23
千代田セントラルビル2F

 

お問い合わせは今スグこちら!

電話番号 0120-984-491



お問い合わせフォームへ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る